A Day in the Life

フィクションの話をしてるんじゃない。現実の話をしているんだ。

ひとの結婚式で

ポジティブな理由で泣きそうになったのは初めてである。ひとっていうか最も近い身内の弟だけど。せいぜい「ちょっと泣きそう」レベルで、他の親族や友人ダーダー泣いてたから、わたしは本当に他者への共感能力が低いんだと思った。それはともかく。

結婚式はとてもよかった。ホテルの披露宴とかじゃなくて規模の小さいハコだったけど、とてもよかった。

わたしはこの結婚式について、何もタッチしていない。スピーチを頼まれたらどうしようか考えたがそんな依頼はまったくなかった。式の日取りは知っていたものの、こちらから催促するまで招待状すら渡されなかった。結婚する相手と事前に会うこともなかった。本当に式を挙げるのか、何かトラブルでもあったのか不安になったほどだ。

しかし実際弟はきちんと段取りを済ませていた。相手方への挨拶、会場の手配、式当日の進行や親との打ち合わせ、料理のメニューまで、ちゃんとやっていた。当然のことだが。

それは別によかった。わたしは完全に招待されるだけの役回り、ということでよかった。

つらかったのは、わたしが何の関与もしていないこの式で、身内面して(身内だけど)立っていなくてはいけないことだった。どんな顔をしていいのかわからなかった。いたたまれない気持ちでいっぱいだった。何か話をしたいけど、何をどう話せばいいのかわからなくて、式が終わってわたしは帰った。身内じゃなくて、他の参列者みたいに。

弟や父から「どうして勝手に帰ったんだ」と怒られるかと思ったけど、何もなかった。いじけてるだけなのかもしれない。けど、最初から最後までわたしは必要なかったのだ、と思った。

結婚願望はないので、先を越されて悔しい気持ちはまったくない。むしろやっと父に「父親のスピーチ」をさせてくれてありがとうとすら思っている。自分の人生ではその役割を与えるのは無理だとわかっているから。

でもやっぱり、なんだか悲しいな。必要とされないのって、とてもつらいことだ。

せっかくの晴れの日にけちをつけたくないから、この気持ちは墓まで持っていくつもりだ。

最後に言えなかったけど、結婚おめでとう。そしてありがとう。

 

広告を非表示にする

今日の買い物

トレンチコート、ストッキング、ショール、結婚式に出席するために必要なものとりあえず買えた。あと荷物入れるサブバッグか。

しかし今日はあたたかかった。コートなしで行動できた。

広告を非表示にする

どうしたら

仕事やめられるかなー。怒られるのが本当につらい。自分が悪い時はしゃーないけど、時折理不尽だと思うことがある。なんでビクビクしながら仕事しなくちゃいけないんだ。やめるのはいつでも出来るけど、お金ないのに簡単にやめるわけにはいかないわけで。ちゃんと働くから理不尽に怒られなくて土日祝休ませてくれるところで働きたいよー。

広告を非表示にする

体調崩してた

週明けから体調が急に悪くなって本気で我慢できないほどだったので早退して、翌日が休みの日だったのもあってほぼ一日半伏せてた。熱も出てしまった。食べることも動くこともお風呂に入ることもできず、一番悪い時は起き上がることすら億劫でひたすら寝てるしかなかった。こんなに体調を悪くするのは何年ぶりだろう。子どもの頃に体調を崩すとタクシーで子ども診に連れて行かれたことなど病床で思い出した。

幸いインフルエンザではなくて休日の終わりには動いてお風呂に入れるまで回復したけど、食欲はあまり戻らない。というか食べてもすぐにお腹いっぱいになるし、消化も遅くなっていると感じる。

前々からあまり食べたくならないとは気づいていたけど、胃腸風邪だったとは思わなかった。一時期めちゃくちゃに食べてたからしっぺ返しが来たに違いない。とにかく今は消化のよいものしか口にできない。つらい。元気になったらから揚げとか食べたいなあ。

広告を非表示にする

休みの日

絵が2枚も描けたし、概ね思ったとおりにできたし、今日はいい日だ。

広告を非表示にする

よーーーーやく

iPhoneのバッテリー交換した。すごい、普通に、保つようになった……。

 

今日は買わなきゃいけないものは全部買えたし、一日で2枚も絵が描けたからいい日だ。あとは通帳の再発行をしてもらわないとなあ。

広告を非表示にする

ビルドがやばい



広告を非表示にする