A Day in the Life

現実の話をしてるんじゃない。フィクションの話をしているんだ。

世界の余地と星から来るもの(ウルトラマンオーブ本編感想)

旧年中はお世話になりました。ブログのほうははまとめたいことがある時しか更新しませんが、今年もよろしくお願いします。

 

ウルトラマンオーブ・テレビシリーズ本編が終了して約二週間が経過し、スピンオフであるオリジンサーガが2話の配信を開始した。そろそろ本編に対して自分なりにまとめたいと思うのだけど、改まって書こうとすると書けなくて、Twitterでとりとめもなく考えているとポンと出てきたりするから困る。

とりあえず見たことない人にも向けて、ざっとした作品の紹介も含めて書いてみる。

 

テレビシリーズは突然街を襲ってきた魔王獣(怪獣)を、これまた突然現れた光の巨人・ウルトラマンオーブが颯爽と倒すところから始まる。

物語は、怪獣や宇宙人の謎を追いかける調査サークルSSP(SomethingSearchPeople)と、そこに居候として転がり込む風来坊の男・クレナイガイ=ウルトラマンオーブを中心にして展開していく。怪獣や侵略宇宙人に対抗するための防衛隊も存在しているが、その能力は十分ではなく、中心には描かれない。

最初はコメディタッチというか、どこか掴みどころのない雰囲気で(ただし特撮はガチ)、細かい設定は省くけど基本的に一話完結の、怪獣と宇宙人とウルトラマンが戦う「みんなが思ってるウルトラマンのお話」と考えていい。その中で主人公クレナイガイの過去やその宿敵ジャグラスジャグラーとの因縁、SSPのリーダー夢野ナオミとの運命的なつながりを徐々に見せていき、中盤の山場である17話、最終回の25話に結実する……という構成だった。

以上、見たことない人に向けた大雑把な設定紹介ね。ここからめちゃくちゃ内容に触れるし文章に知性がなくなるんで。

 

とにかく主人公のクレナイガイさんがかわいくてかっこよくて最高すぎるんですよ。

銭湯と食べることが大好きなラムネのお兄さんで、ひとんち(SSPオフィス)で平気で居候生活満喫してる風来坊のガイさん。

神様みたいな力を持ってるのに、長い間地球を旅しながら人間たちとただ一緒に生きてきた風来坊のガイさん。

かつて大切なものを守れなくて、本来の力も失っているのに、人間を守るという意志を貫く風来坊のガイさん。

あ、もう無理です。お願いだから本物見てください。すごくかっこよくてぶっきらぼうに振る舞うけれど、ちょっと抜けているところがあってかわいかったりするのずるいんで。

イベントで本物にお会いする機会があって行けるものは行ってるんですけど、本当に本物のガイさんなんですよ。初めて見たのは11月にあった岡崎でのイベントなんですが、テレビからそのまま抜け出してきたのかと思うほどで(いや抜け出してきてるんだけど本物なんだから)会って二日くらい幸せな感じが続きましたもん。ヒーローってすごい。

で、このガイさんと何かと対立する宿敵、ジャグラスジャグラーがまた超いいキャラしてるんですよ。

紳士じみた振る舞いとは裏腹のガイさんへのストーカーじみた執着や、ヒロイン・ナオミに対しての変態的な言動の数々、そのクセかっこいいという魅力的な人物。ガイさんとの生身バトル最高。ガイさんとジャグラーはウルトラとは思えないほど変身前のアクション充実してます。

濃いキャラだらけの平成ライダーの世界に放り込んでも負けないと思います(何の自信だ)。ていうか平成ライダーのそういうキャラが好きな人は見ろください。絶対好きになるから。

この人も本物にお会いする機会があったので行ったのですがやっぱり本物なんですよ(頭の悪い言い方)。ジャグラーなのにサービス精神旺盛だし、なんでここまで厚遇なんですかねウルトラって……。

ガイさんと運命的なつながりを持つヒロイン・ナオミがとにかく強い。

エピソード序盤、「お前は死にたいのか」っていうくらいに危険な場所に飛び込み続けるヒロイン・夢野ナオミ。ガイさんがウルトラマンだから平気だけどお前それ足引っ張る寸前だからな!みたいな行動をとったりもします。

そんなんなので「ウザいヒロイン」一歩手前まで行きそうになるんですが、持ちこたえます。いい感じになるので大丈夫です(個人の感想です)。あくまで普通の人間だから宇宙人が脅してくれば当然恐怖に震えるけれど、最終的にはジャグラーにも屈しない強さを見せるよ!すごいよ!歴代でもトップクラスの最強ヒロインだよ!

あと11話に登場するナオミのママは最高だから見てくれ!

 

本筋以外の個人的に好きなエピソードとか。

ガイさん=ウルトラマンオーブであることが予知夢を見る少女にバレてしまう7話。バレた時のあたふた加減がかわいいラムネのお兄さん。同時にガイさんのつらい過去も垣間見える。袋とじを覗くウルトラマンとか斬新すぎるぞ!

序盤の神回と言われる9話。通称馬場先輩の回。地球侵略を企む組織から派遣された宇宙人が、オーブのニセモノとして振る舞ううちに心境が変化していくエピソード。お話が素敵なのは当然として、この回ほとんど台詞のないガイさんの表情や芝居がとにかく最高です。

見るたびに泣きそうになる21話。どこでも好きなところへ行けばいい。でも、帰る場所があるともっといい。ガイさんが少女に贈った言葉は、異邦人の風来坊として生きるガイさんが見つけた答えなのかもしれない。

宇宙人は実は結構地球に来ているとわかる22話。わたしたちはウルトラマンを特別に見ているけれど、ウルトラマンですら地球にやって来た宇宙人たちの中の一人に過ぎないと気づく。

このエピソードがどこか掴みどころのなかったオーブの世界に輪郭を与えているように思える。地球を守るものも、平和を脅かすものも、星から来ている。誰も何も知らなくても彼らはそこにいる。それは少し怖いことでありつつも、どこか素敵なことのようにも思えてくるのだ。世界には余地がある。まだ知らないことが存在している、という余地が。

 

だらだらと書いてしまったけれど、オーブの魅力ちょっとは伝わっただろうか……。

先日のEXPOのイベントでわたしは本当にオーブが好きなんだなあ、と痛いほど実感してね……。知ってる?好きって気持ちで胸がいっぱいになると人って動けなくなるんだよ(少女漫画みたいなこと言ってるけどこれ割とマジです)。

それくらい好きなことならちゃんと伝えたいし、伝えるには書かないといけないって思ったから書いてみたよ。

 

最後にクレナイガイという主人公に対する自分なりの「答え」を挙げて、締めさせていただきます。オリジンサーガも映画も楽しみにしてます。最高のウルトラマンをありがとうございました。お疲れさんです!

 

 

 

 

 

立川の映画館までシン・ゴジラ(11回目)を観に行った話

おかしいな。まさか東京まで行く羽目になるなんて思ってなかったんだけどな。

本当に本当に行く気はなくて、確かに作品は大好きだけどロケ地回りたいとか各種イベント行きたいとかコラボメニュー食べたいとか、そんな欲望とは無縁でした。

そんな時にこちらの記事の映画評を読んでいたら衝動的に思ってしまったんですよ。「立川の爆音で観たい」と。

manuke.jp

この時点で十回近く観ていて間違いなく作品自体は面白いんだけど、目にする意見感想妄想の宗派(曖昧な表現)の違いはどうにもならなくて、気持ちが煮詰まっていたのをどうにかしたかったのかもしれない。うまいこと休みが取れたからついでにロケ地も回れるし。

というわけで、過剰な期待はしないで観に行ったらそれまでの映画体験を覆されてしまった記録。

 

この時シン・ゴジラの極上爆音上映回は朝イチの一回しかなかったため、前日から東京入り。チケットはもちろん予約済み。今後行く機会があるかわからないけど、一日でも早く予約したかったので有料会員になりました。(立川シネマシティは毎月一日の映画の日以外のサービスデーがない代わりに、有料会員になると1000円、休日は1300円で観られて、一般より一日早く予約できるシステムになってます。有料といっても半年で600円、一年間で1000円なのでかなり良心的)

通常音響の回もあるので、シンゴジに限らず予約する時は気をつけたほうがいいと思います。

この日は祝日ということもあって朝から結構な人が来てました。ほとんどはネットで予約済みのようで、発券機のほうが列が長いという。この時点でシンゴジの席数は残り僅か、君の名は。に至っては夕方の回まですでに満席という恐ろしい状態。本当に流行ってるんだな。

入場する際ステッカーがもらえてうれしかったです。一週間くらい前に地元で観た時はもらえくて、なくなったと思っていたので。

 

立川の音響はすごいというのは以前から聞いていたけどどういうことなのかピンと来ていなくて、ただ音が大きいだけでも相当な迫力が出るだろうし、きれいな音響でWho will Knowが聴けるだけでもいいよな、くらいに考えてました。

 

始まって五分も経たずに気づきました。これはやばいと。

音って塊なんだ。質量を持った存在がぶつかってくる。衝撃を全身で感じ取れる。これまでの映画体験とは全然違う。なんだこれ。

ゴジラが歩いたり、ミサイルで攻撃したりするたびに、その画面どおりの衝撃がぶつかってくるから、「鑑賞」というよりは「体験」だった。そりゃ始終緊張するよ!終わった時はフラフラで、呆然とジュースを飲むばかりだったよ!

まさか11回目にして、初めて観た時以上の衝撃と緊張感を味わうことになるとは夢にも思わなかった。どこかで煮詰まっていた気持ちも消えている。感謝するしかない。来てよかった。

 

しかし、あれを体験してしまったらもう他の映画館じゃ物足りないな……。これで打ち止めにするつもりだったからよかったけど、最初の頃に観ていたら禁断症状が苦しかったかもしれない。

東京というか関東には立川以外にも音響のすごい映画館があって、そこで観るシンゴジもまた格別らしい……。正直うらやましすぎるぞおい。

現実を重ねる(映画「シン・ゴジラ」雑感)

2016年の夏はゴジラに持ってかれた。

すでに9回鑑賞しているが、正直まだ観たいと思っている。15日から入場者プレゼントが始まるようなので、いずれ10回目も行くことになるだろう。

シン・ゴジラに関してはすでに多くの人が様々な媒体で、愛に溢れた感想や興味深い考察を記しているので、今更わたしが書くことに面白いものがあるとは思えない。

しかしようやく自分の感じたことが見えてきたので、忘れないうちに書き留めておこうと思う。

 

続きを読む

詩島剛が幸せにならないなんて嘘だ

詩島剛が幸せにならないなんて冗談じゃないって話だ。
彼が父親の呪いに支配され続けるなら、霧子や進兄さんの存在ってなんなの。彼は、ちゃんと自分を愛してくれる人たちのことを、正しく受け止められない人間なのか。チェイスとの友情を──意地を張ったせいで後悔を残してしまった友情を、自ら呪いに転化してしまうような愚かな人間なのか。
ちゃんと愛されてる人間が、たった一人、もうこの世にもいないクソみたいな奴のせいで幸せになれないなんて冗談じゃない。そんなことあってたまるもんか。

日にち薬

TSUTAYAに行ってきた。目的の商品はあったので用件はすぐに済んだが、なんとなく特撮作品の棚を見て回っているとドライブの棚を見つけた。
わたしはBlu-rayコレクションを持っているのでそれらに用事はないのだけれど、完結して全巻が揃ったその棚を見て何故か泣きたくなった。
意味がわからなくて自分でも驚いたけれど、たぶん、悲しいことや苦しいことを内包して終わってしまった物語を思ったからだ。悲しみも苦しみもそのまま残っているのだから、何を書いたって読んだってすべてが癒されることはない。少しの慰めにはなるけれど。
それでもやっぱりわたしはドライブが好きだ。どれだけちぐはぐでも、その歪み故にいつまでもわたしの心に傷を残してゆくとしても。
最終回が過ぎて一ヶ月以上経ってもひどいロス状態に苦しんでいたけれど、いつかはなくなると思っていた。楽になるだろうと思う反面、どんな風に好きだったのかも思い出せなくなるのが怖かった。
とんでもない勘違いだった。
これは絶対になくならない。
時間が経てばだんだん小さくなっていくに決まってるけど、なかったことにはならない。そのことにどこか安心している。

広告を非表示にする

言葉と感情と心の器


この一年くらい、主にドライブの感想において結構な頻度で「尊い」という言葉を使用していた。近年、作品やキャラクターを評価する際よく使われている言葉だ。

バカみたいにハマって今でも抜け出せていないのは置いといて、ドライブ以前で夢中になっていた作品がないわけじゃない。お付き合いの長い方はご存知だと思いますが、そういう作品は結構あります。

でも、それらの作品に抱いた感想の中には「尊い」という感情は存在しなかった。わたしはその言葉を知らなかったのだから、そういう感情を持つこと自体あり得ない。「今思えばあれは『尊い』だった」ということがあるかもしれないけれど、今のところわたしの中ではないです。

つまり「尊い」という言葉を先に知っていたから「尊い」と思う感情を獲得したことになる。先に来るのは言葉のほうで、感情はあとからついて来る。

結局自分の感情は自分のわかっている範囲でしか処理できなくて、だからその範囲を広げれば広げるほど感情の置き場が見つかるのではないか。心の器を大きくするというのはそういうことではないのかと思った(知識や教養を深めることも、経験を積むこともそのためか)。

その一方で、わたしが「尊い」という言葉を使い出す以前からこの言葉は存在していて、タイムライン上で頻繁に使われているのも見ていたけれど、まったくもってピンと来たことはありませんでした。仮面ライダードライブという作品と出会ってようやく合点がいくのです。これが「尊い」か、と。言葉が先にあっても、感情がないと成立しないわけで。

きっとそういうものなのだろうな。感情は言葉を探しているし、言葉も感情を探している。「尊い」も「萌え」も、いったい誰が最初にそういう意味で使い出したのかわからないけれど、行き場のなかった感情がこれ幸いにと身にまとった。このまま定着するのか、いつか廃れてゆくのかわからないけれど。感情は言葉を、言葉は感情を探している。探し続けている。

そうだ、コミケ行こう

そうだ、コミケ行こう。


そう思い立ったのは12月27日の昼間だった。

特別な理由は何もなかった。時期的にTwitterの名前に頒布スペースを併記しているアカウントを見かけて、「この日のこの場所に行けばこの素敵な絵を描く人の本が手に入るのか」と思ったのがきっかけと言えばきっかけか。
行くと決めたら早いもので、わたしはあっという間に行きと帰りの交通手段を確保し、ついでにダイナーも予約した。完全に勢いだった。
とはいえさすがに代金を支払う段階では迷った。そもそも行く目的が曖昧極まりない。しかもそこに行ったところでわたしの好むようなものがあるのかわからない。それどころか「読めない」本のほうが圧倒的に多いだろうことは予測できていた。
それでも最終的に背中を押したのは、「このきっかけを逃したら、わたしは二度とコミケに行きたいと思うことはないだろう」という確信だった。

わたしがカタログを手に入れたのは29日だった。以前販売しているのを見た記憶を辿り、仕事を納めたその足で本屋に行ってみると果たしてカタログはあった。しかもすでに開催されていたため半額で販売されていた。
想定外の厚さと重さと中身に面食らう。意外にアナログなところがあるのだと思った。そしてサークルカットを読んでいると、どこか後ろめたいような気持ちになった。
あまりの重量に躊躇ったが、完全に初心者であるわたしはそれを持ってゆくことにした。

ところでわたしは参加するにあたって、ちっともドキドキもワクワクもしていなかった。前日に眠れなかったのは期待で胸を膨らませていたからではなく、バスの居心地が最悪だったからだ。それは東京に着いてからも、会場に着いてからも変わらなかった。ただ、ネットやテレビで見ていた光景の中に自分がいることが不思議だった。ビッグサイトは本当によく見るあの建物だったし、本当にたくさんの人が並んでいたし、スタッフさんは本当にこういうことを言うんだと思っていた。自分の意思ひとつでここまで来たという事実に、どこか呆然としていた。

目当てのジャンルのおおよその位置だけを把握して、あとは適当に回ると決めていた。
前述のとおりわたしには「読めない」本が多いのだけれど、別に不快感はなかった。それよりもあれだけの人の中で、自分と同じ感覚、同じ温度で好きな人と出会えたのがとてもうれしかった。それだけで行った甲斐があったと思う。

特別な理由もなく行くと決めたと書いたけれど、たぶんわたしはエピソードを欲していたのだ。わたしがその物語に惹かれる理由は、結局エピソードと世界と設定なのだな。


その他気づいたこと。
  • 皆歩くのが早い。人より歩くのが1.5倍くらい遅いわたしが精一杯早歩きしてもどんどん追い抜かれる。これはコミケだから?それとも東京だから?暖冬だったとはいえ冬なのに暑くて。トイレが近くならなくて助かったけど。
  • なんとなく西に行ってみたらあまりの人の多さで進む方向もわからなくなり後悔したので、ひやかし気分で移動するのはやめたほうがいい。あれは体力のロスだった。
  • コミケ時のスタッフの機動力ハンパないと噂のカフェにも行ったけれど確かにハンパなかった。回すの早い早い。

創作の意義や意味に触れることができて本当にいい経験だった。この先コミケ、もしくは同じようなイベント参加するかどうかわからないけれど。





ものすごく好きな絵を描く人「今度のイベントで本出します!」



わたし「えっ」







おわり。