A Day in the Life

現実の話をしてるんじゃない。フィクションの話をしているんだ。

燃料は投下されました(スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号感想他)

最初に言っておくけどこのエントリは本編、映画、映画パンフのDVD、入場者特典のDVDなどから得たすべての情報を元にした感想と、考察もとい妄想なのでネタバレどころの騒ぎじゃないです。


春映画やっぱりアレでしたね。アレだからめっちゃ荒れてますね。
アレなのはいつものことなんで終始半笑いで観てたんだけど(入場前にDVD付パンフとベルトさんキーホルダー購入していたので大変機嫌がよかった)、マッハの扱いにはさすがに絶句するしかなかったね。

いやほんと推しキャラがあんな扱いされたマッハ沼の人達今どうなってるんだろう……。強く生きてほしい……。


3号ミッチーはかっこよかったです。ミッチー目当てで観に行った人がガッカリすることはないとわかって、そこはホッとしました。

ただまあドライブに流れてくることはないだろうな……。元々パラレルだから覚悟してたけど。本編は刑事ドラマモチーフで重なる部分もあるんだけどね。

ライダーいっぱい出てきたし、誰かひとりでも、どれかひとつでも、興味を持ってもらえたら御の字です。


どうせアレなんだから改変された進ノ介のキャラがどうなってもそれは構わないんですが、あの場合ベルトさんの設定はどうなってるんだということが気になって仕方ない設定萌えこじらせたモンペです。

たぶん進ノ介がトップギアならそれでいいんだろなベルトさんは……。


以下、考察のフリをした妄想。

入場者特典の4号とかパンフについてたDVDとかもらえるもんは全然見たんだけど、聞き捨てならない台詞があったのがパンフDVDに入ってたシークレットミッション予告編でして。

ブレンがタブレット(人間から強奪したんだよなあれw)の画面に向かってこう言ってるんですよ。「蛮野博士、あなたのせいですよ」って。


おい。


おい。


やっぱり蛮野博士が001なのか……?望んで取り込まれたのかそうでないのかはわからないけれど、ベルトさんはかつての親友と対決してるってことなのか?お互い人間じゃなくなった状態で?


(燃料が投下される音)


「この事件には蛮野が関わってる可能性がある」って言ってるから、死んでない可能性は把握してるのな。

自分が生きてるんだから、そりゃ向こうだって生きてる可能性があるって考えるよな。

仮面ライダーとロイミュード、双方が持つ動力源コアドライビアを動かすには人間の感情が不可欠ではないかと睨んでるんだけど、ロイミュード側のキーとなったのが蛮野博士の抱えていた何らかの憎悪だとしたら。

冬映画でベルトさんは自分の心が弱いと言っていたけれど、それは精神的に弱いとかじゃなくて、人並みの善意や良心こそあれ、すべてを憎むような強烈な悪意は持っていなかったってことだと思ってる。

善意は弱いよ。憎悪に比べたら。

だから進ノ介は超人なのかな。憎悪に負けない善意の持ち主だから。だからベルトさんは進ノ介のことを「あこがれ」と言うのかな。くじけても立ち直る心と、選択を誤らない強さにあこがれてるのかな。