A Day in the Life

現実の話をしてるんじゃない。フィクションの話をしているんだ。

ある雑感

きっかけは割愛するけれど、わたしがSMAPを明確に好きだと意識したのは1995年だから、二十年くらい前のことだ。そこから五年くらいの間、CDやビデオを購入したり雑誌を買ったり、テレビやラジオを視聴したり、ファンクラブに入会してコンサートへ行ったりと、まあ普通にファンのやることをやっていた感じだ。
わたしが好きになり始めた頃はすでに十代向けのラブソングではなく、ままならない日常を生きてる社会人向けの歌を多く歌うようになっていた。
たぶんそれがよかった。昔から恋愛色の強いものは苦手だった。わたしはSMAPの歌は全部好きになった。
とはいえ当時のわたしがそういった歌詞に現実感を持っていたかというと、否だ。
「余計な仕事押しつけられて案の定ミスが山積み」とか「明日のために働こうちょっと眠いけど」とか「僕らよりも若い人がまわりに増えて毎年ひとつずつ年取ってゆくのを実感するこの頃」とか「ファイトなら三発ぐらいは残ってるけどそれだけじゃ足りないなんて」とか中学生の小娘にわかるわけないし、実際わかっていなかったのだ。理解できる部分を自分なりになぞって、自分にもそういう未来が待っているのだとぼんやり予想していた。
社会に出ると、歌のようにままならない日常を踏ん張りつつも軽やかに生きてゆくのは予想していたよりずっと難しくて、特に昨日は正直ちょっとまいっていた。
そんな状態で目撃したのがあの生放送だった。

君らもか。

君らもそうなのか。

だからなんだって話だし、正直どうしたらいいのかわからないし、わたしに何をどうこう言う資格もないし。

ただわたしは彼らが気持ちよく活動できて、ファンが気持ちよく応援できる日が来ることを祈る。

広告を非表示にする